コミュニケーション&メンタルヘルスコンサルティング
お役立ちGOODS

臨床心理士が考える精神障害

統合失調症

陽性症状(1) 統合失調症は、大まかには「脳の働きに不調をきたす慢性の病気」で、決して特殊な病気ではなく、100人に1人くらいの割合で罹患している人がいるといわれています。 症状は、大きく、幻覚や妄想などの「陽性症状」、 …

発達障害のコミュニケーション

発達障害のコミュニケーションの特徴 発達障害の人は、コミュニケーション全般に苦手意識や困難をかかえる人が多く、周りの人からは、「変わった人」「空気を読めない人」「自分勝手な人」「困った人」と誤解され、敬遠されることも少な …

解離性障害

脳が自分の意識から勝手に切り離してしまう 数年前、横綱だった朝青龍がモンゴルに帰って、サッカーに興じていたことが問題になり、そのときに報道された解離性障害という名前に、なに?それ?と思われた方も多かったと思います。 極度 …

適応障害

適応障害になると対人関係や社会生活に支障をきたす 適応障害とは、ある社会環境にうまく適応できず、さまざまな心身の症状が出現して社会生活に支障をきたすものをいいます。 不安、抑うつ、焦燥、混乱などの情緒的な症状、不眠、食欲 …

パニック障害

パニックと聞くと、頭が混乱して、わけがわからなくなった状態をイメージされるかもしれませんが、 動悸や息苦しさ、痺れなどの自律神経症状に、突然、襲われるのをパニック発作と呼び、パニック発作がしばしば起こって、日常生活に支障 …

うつ病からの脱出

焦らず、静かに、充電されるのを静かに待つ うつ病は、完璧を求めたり、手を抜かずに頑張らなければならないという頭の命令に、懸命に応えようとしてきたこころが、その重圧に耐え切れず、潰れ、破れ、エネルギーがなくなり、動けなくな …

心理面からみた精神障害

否定的認知の三徴といわれる3つの否定的な思い込み 精神障害は身体の病気ですが、心理的な面からみると、「自分はダメだ、無力だ」という自分自身に対する否定(自己否定)、「自分は誰からも愛されない」という周囲との関係に対する否 …

精神障害は身体の病気です

精神障害という名前から、気持ちの問題、精神力の問題と考えられがちで、精神障害の診断がくだされると、自分の精神が弱いから、自分が病気を作っている、しんどさに甘えていると、自分を責める人が多くいます。でも、…

精神障害とは

精神障害には、医学的に、さまざまな障害がありますが、ストレスとの関連で、職場でよくみられるのは、うつ病、パニック障害などの不安障害、適応障害かと思います。診断名を気にされる方が多いですが、多くの臨床心理士は、診断名は参考にする程度で、あまり気にはしていないと思います。

創立10周年記念事業
お問い合わせはこちら
メルマガ登録
日常生活に役立つ心理学を専門家がわかりやすく解説するブログ
ソリューションコーディネーターブログ
よくあるご質問
リンク集
PAGETOP
Copyright 株式会社ホリスティックコミュニケーション All Rights Reserved.