フォーカシングを実践しよう

今回は、フォーカシングのワークをご紹介します。

「一人ではフォーカシングをしにくい」と感じる方も多いようですので、ペアやグループでやってみることをお勧めします。

心地よい場所のフォーカシング(ガイドのことばがけ)

【心地よい場所】のフォーカシング(ガイドのことばがけ)

(1)リラックスの時間をとります。ゆっくり呼吸をしましょう。

(2)いろいろな言葉を言いますから「今、自分がココロ惹かれるのはどんな言葉かなぁ」と思っていてください。

ゆったりする。  のびやかになる。  楽しい。  わくわくする。  すがすがしい。  すうっとする。

あたたかい。   ほのぼのする。  ・・・。(注:挙げる言葉はなんでもいいですよ。)

(3) 今言った中からでもいいし、他の言葉でもいいですから、何かココロ引かれる言葉を一つ見つけましょう。

(4) 「その言葉のようになれるのはどんな場所だろう」とイメージしてみましょう。

(5) 自分がそこにいることを想像して、そこにいるとどんな気分だろうかと、味わってみましょう。そこにいるとカラダの感じははどうでしょうか。

(6) もっとよくなるには、どうだったらいいですか?そうなったところをイメージして味わいましょう。

(7) 今日のこの感じを覚えておけるように、十分時間をとって味わいましょう。

(8) 十分味わったと思うところで「また戻ってくるからね」とカラダに言って、自分のペースで終わりにしましょう。

【シェアリング】(ふりかえり) 

たとえばこんなことを話してふりかえってみましょう。

・どんな体験でしたか?

・今日のような感じを自分が求めていることをどう思いましたか?

・この感じを、これからの生活のなかでどこかに生かせますか?     などなど

さて、フォーカシングのコーナーは今回で終わりです。

一人でのフォーカシングに難しさを感じてしまう方も多いと思います。

一人の場合、何か特別な気がかりを取り上げる、というよりも、むしろ「何を食べたいか」「どこに座りたいか」など、ごくごく日常的なことを決めるために、短い間(しばしば瞬間的)に自分の内側に問いかける。

フォーカシングのエッセンスを日常に生かすとしたら、そういうことかもしれません。

「今日の休みは何をしたいかな?」「気持ちがいいかな?カラダは喜んでいるかな?」「もっと時間が欲しくないかな?」と、今この瞬間にからだが感じていることに注意を向けるのです。

そこには、とても豊かに意味があるように思えます。

~からだとの日常会話をもっともっと楽しみましょう~

文献:『マンガで学ぶフォーカシング入門』村山正治監修 福森英明・森川友子編著 誠信書房 2005

この記事を書いた人は

小松泰子
小松泰子
◆資 格:
臨床心理士・精神保健福祉士・社会福祉士・介護福祉士

◆所属学会:
日本心理臨床学会・人間性心理学会
奈良県臨床心理士会会員・大阪府臨床心理士会会員

◆活動状況:
高齢者・障害者福祉分野の直接支援や相談支援に従事した後、心理臨床に携わる。専門はパーソンセンタードアプローチ・コミュニティアプローチ。地域の若年ひきこもり者への訪問支援やエンカウンターグループ・プレイバックシアター(心理劇)を通じての地域支援を行ってきた。
現在は産業臨床および学校臨床に従事している。