精神障害には、医学的に、さまざまな障害がありますが、ストレスとの関連で、職場でよくみられるのは、うつ病、パニック障害などの不安障害、適応障害かと思います。診断名を気にされる方が多いですが、多くの臨床心理士は、診断名は参考にする程度で、あまり気にはしていないと思います。

臨床心理士が考える精神障害は、こころを丸いボールにたとえると、丸に近い状態が健康、ストレッサー、重荷によってボールが潰された状態がメンタルヘルス不調で、ボールに亀裂が入ったり、破れたりして、潰れてしまった状態を、精神障害と考えます。

図2

ストレッサーが大きな力でボールにぶつかることによって破れることもありますし、重たい重荷がボールの上に長く乗っていたためにボールに亀裂が入ることもあります。とげや角のあるストレッサーがぶつかって、ボールに穴があいてしまうことがあるかもしれません。ボールに柔軟性がなくて亀裂が入ることもあるでしょうし、ボールが破れやすくなっている場合もあるかもしれません。また、ボールが破れて潰れた結果、身体や、思考、感情、行動面にさまざまな症状が出現します。こころのボールが破れ潰れた原因は何か、ボールに亀裂が入っただけなのか、破れてしまったのか、その結果どんな反応、症状が出たのかで、さまざまな診断名がつくことになります。

医師は、精神障害を治療することが仕事なので、適切な治療法を見出すために、原因や経過、症状から、診断名をはっきりさせる必要があります。臨床心理士は、精神障害という、ボールが破れて潰れた状態に苦しんでいる、その人そのものに目を向けて、その苦しみを和らげ、その人が少しでも楽に暮らせるようになることを考えますので、診断名によって、対応が大きく変わることはありません。ご家族の方や職場の方も、診断名に気をとられることなく、まずは、その人自身や、その人の苦しみ、しんどさに目を向けてあげてください。

この記事を書いた人は

圓山一俊
圓山一俊
◆資 格:日本臨床心理士資格認定協会認定 臨床心理士第1716号
日本催眠医学心理学会認定 認定催眠士第21号◆所属学会:日本催眠医学心理学会
奈良県臨床心理士会会員◆活動状況〈得意分野〉:
国立病院機構やまと精神医療センター心理療法士
として35年、医療臨床に従事する。その後、
奈良県介護・福祉人材定着支援事業、紀伊半島
大水害被災者支援、大和郡山市市民相談など、
臨床心理的地域援助活動に携わり、
現在は、ホリスティックコミュニケーション
奈良カウンセリングルーム室長として、産業臨床
に従事している。◆主な実績:登校拒否に関する社会医学的研究で医学博士
を取得。その他、神経筋肉系心身症や不安神経
症の心理学的治療、介護労働者の介護負担、
統合失調症の認知などに関する研究に従事し、
研究論文を発表している。