うつ病は、完璧を求めたり、手を抜かずに頑張らなければならないという頭の命令に、懸命に応えようとしてきたこころが、その重圧に耐え切れず、潰れ、破れ、エネルギーがなくなり、動けなくなってしまった状態です。充電しようとしても、破れた箇所からエネルギーが流出してしまうため、なかなか充電されませんし、充電されてもすぐに充電切れになってしまいます。破れた穴がふさがるまでは、焦らず、静かに、充電されるのを静かに待つしかありません。充電されるのを、安静にして待っていれば、必ず充電されて、うつ病から抜け出すことができるのですが、自分、周囲との関係、将来への否定的な思い込みがあるため、じっと充電されるのを待つことができず、ジタバタしてしまうという焦りが、うつ病からの脱出を難しくしています。

エネルギーのもとはセロトニンなので、楽にしたり、ホッとしたり、楽しかったり、穏やかな気持でいる時間に充電されます。効率の良い充電のために、次のことを心がけましょう。①無理なこと、嫌なこと、しんどいことはしなくてよい。②楽なこと、少しでも気分が良くなることなら何をしてもよい。③楽なこと、楽しいことでも長時間はしない。④3分でも5分でも、何も考えない時間をできるだけたくさん作る。例えば、ボーっとする、単純作業や軽い運動をする、自然やペットと触れ合うなど、何でもいいので、いいこと、楽しいこと、穏やかな気持でいられることなどたくさん見つけて、こころにエネルギーを貯めるようにしましょう。

うつ病と闘い、打ち負かそうと、すぐに良くなる魔法の薬や治療法を求めようとしてはいけません。流れに逆らって、ジタバタすると溺れてしまいます。必ず抜け出せるときが来ると信じて、流れに身を任せることが、うつ病から早く脱出するコツです。