パニックと聞くと、頭が混乱して、わけがわからなくなった状態をイメージされるかもしれませんが、

動悸や息苦しさ、痺れなどの自律神経症状に、突然、襲われるのをパニック発作と呼び、パニック発作がしばしば起こって、日常生活に支障をきたすようになった状態を、パニック障害といいます。

こころと身体は連動するので、気持が不安になり緊張すると、身体すなわち自律神経も同じように緊張します。

自律神経の緊張は、あるレベルを超えると、何らかの症状を出現させます。

例えば、驚いたり、怖かったりすると、心臓がドキドキしたり、振るえたりします。

テストのときに、おなかが痛くなって、下痢をする人もいます。これらは、自律神経の緊張が、あるレベル(閾値)を超えたときに、身体に現れる症状です。

 

気持が穏やかなときは、自律神経が、そのレベルを超えて、例えば心臓がドキドキしたとしても、緊張したせいだと、気にすることはありません。

ところが、ストレスがあったり、心配事があったりして、気持ちが緊張していると、自律神経も同様に緊張しているため、少しの緊張でも、症状を出すレベルを超えることがあります。

そのため、自分では緊張を感じないのに、例えば、混んだ電車に乗るだけで、自律神経症状が出てしまうことがあります。それがパニック発作です。

なんでもないときに、突然、動悸がしたり、呼吸ができなくなったり、倒れて動けなくなってしまったり、救急車で病院に運ばれることもあります。

突然の症状なので、自分の身体に何事が起こったのか、このまま死んでしまうのかなど、怖くてたまりませんが、病院の診察では、心臓や肺など、内科的には異常がないといわれます。

でも実際に死ぬほどの症状があったのに、何も異常はないといわれても、納得できませんし、安心もできません。

今の医学ではわからない病気なのではないかと、名医を求めて、医者を転々とする人もいます。

何かわからない重い病気ではないか、症状を繰り返しているうちに、取り返しのつかない状態になって死んでしまうのではないか。

ひょっとして自分は精神病なのかなど、さまざまな不安が、さらに緊張を高めることになります。

はじめの発作は、何らかの精神的なストレスがたまったり、重なったりして、緊張のレベルが上がっているときに、たまたま緊張が高まって、症状を出すレベル、閾値(しきいち)を超えて出現しますが、一度発作が出ると、それ以後は、身体や死への不安が積み重なり、緊張のレベルがさらに上がります。

そこに、発作が出たらどうしよう、発作が出るのではないかという予期不安が加わるため、ちょっとした緊張で、容易に閾値を越えるようになり、発作が頻発するようになって、パニック障害となります。

最近芸能界でも、パニック障害の治療に専念するため休業との話がありましたが、外出できなくなったり、日常生活に大きな支障をきたします。

内科的、身体的に異常がないといわれると、パニック障害の経験のない人は、たいしたことないと考えがちですが、パニック障害で出現する症状は、実際に身体の病気で出る症状と同じ苦痛をもたらします。

原因がわからないという不安があるため、より苦しいかもしれません。

自律神経の症状なので、さまざまな器官に症状が出ます。心臓、循環器に関係するものであれば、頻脈や不整脈、さらには狭心症の発作と同じ症状が出る人もいます。

呼吸器系であれば、息苦しい、呼吸困難、ひどくなると過呼吸が出現します。神経筋肉系であれば、震え、しびれ、脱力、頭痛など、さまざまな症状が出る可能性があります。

ぐるぐる回るめまいを感じる人もいれば、船から下りた直後のようなフワフワした感じになる人もいます。

自律神経の症状なので、一つの症状ではなく、いくつかの症状が重なる人もいますし、症状が転々と他の器官に移っていく人もいます。

治療において最も重要となるのは、予期不安を、いかに軽減し、なくすかということです。

そのためには、まず、自律神経症状であり、心臓、肺、胃腸など臓器の病気ではないので、命に別状はないと、どれだけ思い込めるかがカギになります。

実は、私も、30年位前になりますが、仕事中突然、心臓をつかまれたような苦しさのため、床に崩れて、しばらく動けなくなったことがあります。

循環器内科を受診し、24時間心電図、超音波などの検査を受けましたが、異常はなしとのことでした。

しかし、症状は狭心症の発作と同じだとのことで、ニトロを処方され、もし、また発作が起こったときは、救急車で来てくれたら、いつでも当院で受入れるからと、帰されました。

こう言われると、普通のヒトだと、心臓が悪いに違いない、またきっと発作が起こると心配になりますよね。

しかし私は、パニック障害の方をたくさんみてきていたおかげで、異状がないと言われて、心臓は大丈夫、命に別状はないと安心できたため、パニック障害にならずにすみました。

年に1回程度、何かストレスが重なったときに、パニック発作は起こりますが、ちょっと疲れているのかなと思って、発作を気にせずにいると、発作が続くことはありません。

発作が起こったときは、命にかかわる病気の可能性もあるので、まずは、診察、検査を受ける必要がありますが、そこで異状がないといわれたら、検査結果を信じて、命にかかわる病気ではない、何かストレスがあるのか、疲れているせいだと、気にしすぎることなく、安心することです。

パニック障害の一番の治療薬は安心です。

病院で薬を処方されたら、この薬をのめば発作は止まる、発作は起こらないと思えると、薬を持っているだけで安心でき、発作は出にくくなります。

飲んだり食べたりすることも、不安と相反することなので、車を運転するときは必ず缶コーヒーを運転席に置いているという人や、電車に乗るときは飴をなめているという人もいます。

リラクゼーションも不安とは拮抗するので、自律訓練法など自分なりのリラクゼーションの方法を持つなど、自分なりの安心アイテムをたくさん見つけてください。

この記事を書いた人は

圓山一俊
圓山一俊
◆資格:
日本臨床心理士資格認定協会認定 臨床心理士第1716号
日本催眠医学心理学会認定 認定催眠士第21号

◆所属学会:
日本催眠医学心理学会
奈良県臨床心理士会会員

◆活動状況〈得意分野〉:
国立病院機構やまと精神医療センター心理療法士として35年、医療臨床に従事する。その後、奈良県介護・福祉人材定着支援事業、紀伊半島大水害被災者支援、大和郡山市市民相談など、臨床心理的地域援助活動に携わり、現在は、ホリスティックコミュニケーション奈良カウンセリングルーム室長として、産業臨床に従事している。

◆主な実績:
登校拒否に関する社会医学的研究で医学博士を取得。その他、神経筋肉系心身症や不安神経症の心理学的治療、介護労働者の介護負担、統合失調症の認知などに関する研究に従事し、研究論文を発表している。