パニックと聞くと、頭が混乱して、わけがわからなくなった状態をイメージされるかもしれませんが、動悸や息苦しさ、痺れなどの自律神経症状に、突然、襲われるのをパニック発作と呼び、パニック発作がしばしば起こって、日常生活に支障をきたすようになった状態を、パニック障害といいます。

こころと身体は連動するので、気持が不安になり緊張すると、身体すなわち自律神経も同じように緊張します。自律神経の緊張は、あるレベルを超えると、何らかの症状を出現させます。例えば、驚いたり、怖かったりすると、心臓がドキドキしたり、振るえたりします。テストのときに、おなかが痛くなって、下痢をする人もいます。これらは、自律神経の緊張が、あるレベル(閾値)を超えたときに、身体に現れる症状です。

 

気持が穏やかなときは、自律神経が、そのレベルを超えて、例えば心臓がドキドキしたとしても、緊張したせいだと、気にすることはありません。ところが、ストレスがあったり、心配事があったりして、気持ちが緊張していると、自律神経も同様に緊張しているため、少しの緊張でも、症状を出すレベルを超えることがあります。そのため、自分では緊張を感じないのに、例えば、混んだ電車に乗るだけで、自律神経症状が出てしまうことがあります。それがパニック発作です。なんでもないときに、突然、動悸がしたり、呼吸ができなくなったり、倒れてしまって、救急車で病院に運ばれると、自分の身体に何事が起こったのかと怖くなります。でも、病院では、心臓や肺など、内科的には異常がないといわれます。でも実際に症状があって、病院に運ばれたので、何も悪いところはないといわれても、安心できませんよね。また起こったらどうしよう、今の医学ではわからない病気なのではないかなど、いろいろ考えて、不安になり、さらに心の緊張が高まるため、よりパニック発作がでやすくなります。