陽性症状(1)

統合失調症は、大まかには「脳の働きに不調をきたす慢性の病気」で、決して特殊な病気ではなく、100人に1人くらいの割合で罹患している人がいるといわれています。

症状は、大きく、幻覚や妄想などの「陽性症状」、意欲の低下や感情の平板化などの「陰性症状」、記憶力の低下、注意・集中力の低下、判断力の低下などの「認知機能の障害」に分けられます。

幻覚・妄想・興奮など「陽性症状」が目立つため、普通の話も通じない、わけのわからない別世界の存在と思われている方も多いと思います。

統合失調症は、何らかの原因でさまざまな情報や刺激に過敏になって、精神機能のネットワークがうまく働かなくなった状態で、病気の本質は、思考をつなげる働きの障害といえます。

「幻覚」、「妄想」という角度から見ると、その言動はいかにも通常からかけ離れた異様な世界のできごとに見えますが、その人にはその人なりの理屈があって、ただその理屈のつなげ方が、通常から飛躍しているだけなのです。

例えば、タバコから連想するものとして、火事や肺がんなどを連想する人が多いと思いますが、広島カープを連想した人がいたとします。

連想の根拠は、タバコは火をつけると先が赤い。広島カープの選手も赤い帽子をかぶっていて、頭が赤いということですね。

この根拠となるのが、述語同一性の論理といわれるものです。

通常の論理では、述語が同じだからといって、主語は同じにはなりませんが、述語が同じであれば、主語は同一と考えるのが述語同一性の論理です。

この述語同一性の論理が、連想ゲームではなく、日常生活に現れると厄介なことになります。

「私は聖母マリアである」などの妄想が生まれてしまいます。

私は女である。聖母マリアは女である。だから、私は聖母マリアである。「私は聖母マリアである」という妄想も、述語同一性の論理で考えると理屈にあっていますよね。

近接するものに関連性を認めたり、自分に関連付けるということも起こります。

ある統合失調症の患者さんが、自分は、他の人にくしゃみをさせてしまうと相談にこられたことがあります。

その理由を聞くと、ある人が自分の前でくしゃみをしたことがある。それが気になっていて、その人を見ていたら、また、自分の前に来たとき、その人がくしゃみをしたというのです。

「私はその人がくしゃみをすると考えた。その人がくしゃみをした。だから私が考えるとその人にくしゃみをさせることができる」という理屈です。

こう考えると、偶然、自分の前で、他の人が困るような状況が、2~3回続くと、自分のせいだと考えてしまいます。

考えたときに、そのことが起こらないこともありますが、条件付けは、何回かに1回そのことが起こるという部分強化で強化されるので、それが何度か繰り返されると、自分が、その人にくしゃみをさせるという考えが、確信に変わります。

また、逆に、ある人が前に来たときに、自分がくしゃみをするなどの行動が、偶然続くと、させられ体験という症状になります。

窓を開けたときに、偶然同じ人を何度か見かけると、見張られているという妄想に発展することもあります。

このように、周りの人からは全く理解ができない、あるはずのないものが現れる陽性症状も、自分の考えや感情をうまくまとめる機能(統合力)が失われているだけであって、決してその人の人格や精神が異常になっているわけではありません。

統合失調症の人は、うまくまとめられないことで、思考や感情や言動が混乱してしまっているだけであって、わけのわからない別世界の存在ではなく、われわれと地続きのところにいることがわかってもらえるかと思います。

この記事を書いた人は

圓山一俊
圓山一俊
◆資格:
日本臨床心理士資格認定協会認定 臨床心理士第1716号
日本催眠医学心理学会認定 認定催眠士第21号

◆所属学会:
日本催眠医学心理学会
奈良県臨床心理士会会員

◆活動状況〈得意分野〉:
国立病院機構やまと精神医療センター心理療法士として35年、医療臨床に従事する。その後、奈良県介護・福祉人材定着支援事業、紀伊半島大水害被災者支援、大和郡山市市民相談など、臨床心理的地域援助活動に携わり、現在は、ホリスティックコミュニケーション奈良カウンセリングルーム室長として、産業臨床に従事している。

◆主な実績:
登校拒否に関する社会医学的研究で医学博士を取得。その他、神経筋肉系心身症や不安神経症の心理学的治療、介護労働者の介護負担、統合失調症の認知などに関する研究に従事し、研究論文を発表している。