コミュニケーション&メンタルヘルスコンサルティング

人材育成研修

  • HOME »
  • 人材育成研修

~~TA(Transactional Analysis)を活用した人材育成~~

TAは、アメリカの精神科医であったエリック・バーンが創始した心理療法ですが、「個人が成長し変化するため」に必要な情報をたくさん取り入れ、今もなお発展し続けています。

国際TA協会は、CTA・PTSTA・TSTAという資格を認定していますが、その分野は、セラピー、カウンセリング、エデュケーション(教育)、オーガニゼーション(組織)の4種類に分かれ、CTA(Certified Transactional Analyst)でさえ、600時間の専門トレーニング、500時間の追加学習、150時間のスーパービジョン、750時間の実践報告を経て、論文による筆記試験を提出し、その後、世界中で行われる国際Conferenseで口頭試験を受ける必要があるという厳しい専門性を求められます。

弊社の研修は、このCTAの資格を持った臨床心理士が、6つの教育スタイルを駆使して行います。6つの教育スタイルとは、

①ドグマティック指導者の信じる考えや定義を、学習者に盲従させるような枠組みで教えるスタイル
例:お茶のお稽古
②テクノロジカル行動心理学をルーツとする、一定の基準をめざした能力養成や技術習得のための教育スタイル   例:大学受験のための学習
③リベラル知っている者が知らない者に一方的に知識や情報を伝え、学習者は伝えられた知識や情報をできるだけたくさん身につけることが求められる
例: 小学校での算数の授業
④プログレッシブ所属する社会や集団の利益のために、問題を解決していくことを目的とした教育スタイル。学習者は熱意や考える力を自己コントロールし、協力し合って一つの課題に取り組むことが求められる       例:グループ討議
⑤ヒューマニスティック人間は誰でも向上しようとする内的傾向を持つという人間観に基づいて、一人一人の個性に合った全人的成長を手助けしようとする教育スタイル
例: キャリア教育
⑥ラディカル教育を「情報伝達」の手段ではなく「変化」のための手段と考えるスタイル。教師はいなくなり、お互いが学習者であり教師であることが求められる
例: サークル活動

①~③は学校教育スタイルに近く、④~⑥は体験型の教育スタイルです。特に④~⑥は、成人教育理論(アンドラゴジー)と呼ばれる理論ともリンクしており、「知る」「わかる」ではなく、「できる」「使える」「使いこなせる」ようになることを目指しています。

これらを駆使した弊社のヒューマンスキルに関する研修の特徴は、以下のようになっています。

hc%e7%a0%94%e4%bf%ae%e7%89%b9%e5%be%b4%ef%bc%91

 

 

hc%e7%a0%94%e4%bf%ae%e7%89%b9%e5%be%b4%ef%bc%92

 

楽しくなければ 身につかない。。。

kusatu-photo

お問い合わせ
まずはお問い合わせフォームまたは電話にてご連絡ください。
ヒアリング
担当者よりご連絡させていただき、現状の確認やお客様の要望などをお伺いいたします。
ご提案・お見積り
ヒアリングした内容を元にお客様にベストなプランとお見積りをご提案させていただきます。
ご契約・発注
秘密保持契約など、発注に際して必要な契約をいたします。

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6533-8400 ※営業時間 月曜~金曜日 9:00~17:00

PAGETOP
Copyright 株式会社ホリスティックコミュニケーション All Rights Reserved.